スプーンの森

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今日。

まだ息子が小さいころ出逢った詩。
子育てって傍から見るよりすっごく大変で、
自分の思うようにはいかないものです。

だから、ちょっとした成長にも感動できるのかも。。。

私は高齢出産だったし(36歳)、息子が未熟児だったから
すごく神経使ってピリピリしていました。
今となってはいい思い出ですがね(笑)

ひさびさにこの詩に触れて、新鮮な気持ちになりました。
もう友達の子供は大きい子がほとんで、
早い人は同級生で孫がいます!!びっくりよね。
確かに息子の保育園で、40代のお母さんってあんまりいなかった。
どうにかするとおばあちゃんと年近かったもんね(笑)

ぼちぼち子供と一緒に成長すればいいのであります☆

今、赤ちゃん育ててる人に読んでほしいなあ。。。



『今日』 (伊藤比呂美 訳)

今日、わたしはお皿を洗わなかった
ベッドはぐちゃぐちゃ
浸けといたおむつは
だんだんくさくなってきた
きのうこぼした食べかすが
床の上からわたしを見ている
窓ガラスはよごれすぎてアートみたい
雨が降るまでこのままだとおもう

人に見られたら
なんていわれるか
ひどいねえとか、だらしないとか
今日一日、何をしてたの? とか

わたしは、この子が眠るまで、おっぱいをやっていた
わたしは、この子が泣きやむまで、ずっとだっこしていた
わたしは、この子とかくれんぼした。
わたしは、この子のためにおもちゃを鳴らした、それはきゅうっと鳴った
わたしは、ぶらんこをゆすり、歌をうたった
わたしは、この子に、していいこととわるいことを、教えた

ほんとにいったい一日何をしていたのかな
たいしたことはしなかったね、たぶん、それはほんと
でもこう考えれば、いいんじゃない?

今日一日、わたしは
澄んだ目をした、髪のふわふわな、この子のために
すごく大切なことをしていたんだって

そしてもし、そっちのほうがほんとなら、
わたしはちゃーんとやったわけだ

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。