スプーンの森

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

経験は人を育てる。

夕方犬の散歩をしていて、
今日はなぜか違うルートへ変更。


丁度、曲り角のとこで久しぶりに会った
近所のご婦人。。。

お坊さんでもあるその方は、
病気の息子さんを育てた苦労を
私に話をしてくださったことがあった。


今日は、久々で息子の就学先が決まったことや
近況を報告すると、とても喜んでくださって。。。

『障害もつ子の親だからってなにも悪くないんだから
 堂々と生きていきなさいよ。
 きっと、スプーンちゃんはこんな気持ちなんだろうな
 って私は気持ち痛いほどわかるんだよね』

と、かつて私が苦しんでいたころ救ってくださった
温かい言葉をかけていただいた。

私:『買い物していると車椅子の息子を見て、事情をしらない人は
 私や息子をかわいそうに。。。ってよく言われるんだけど
 誰だっていつどうなるかわからない、明日は我が身だと思うし、
 私は学び多き人生を今生は歩かせてもらってると思えるようになりました』

と、立ち話ではありましたが、
とっても深くて温かい会話をさせてもらいました。


『結局は、経験しないと本当の苦しさとかわからないとよね』
お互いそういう会話を後にして・・・

あのタイミングで、会うってすげーって
一人思いました。
いつも父が私や息子を見守ってることは
常日頃感じていますが、ご先祖さまや
今関わってくださるすべての方へ感謝せねばと
思ったことでした。。。

健常な子を見ると、やっぱりいいな~って思います。
一人でご飯食べて、トイレもいけるなんて
介護生活からしたら夢のまた夢ですもの。。

でも、子供って親の所有物ではないし、
むしろたくさん気づきや学びを運んでくる
大切な宝物だと気づけたなら
ただ一日を無事に過ごしておうちへ帰ってきてくれたら
それで100点だと思えるのかもしれません。


今日もありがとうございます。

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

★nicoさま★

コメントありがとうございます。

私もかつて、障害を持ってる方が近くにいても
実際、どう対応していいかわからなかったりありました。
我が身にふりかかって、初めていろんなこと考えたりします。

あえて世の中の方へ、知ってもらうということの重要さも
日常感じながら、やっぱり公的な場はまだ避けています。
どうしても迷惑になってしまうので・・・

福祉の充実ってなかなか難しいものです。

スプーン | URL | 2012/10/22 (Mon) 22:02 [編集]


経験したことないと確かに本当の理解は出来ないでしょうね。
道行く人みんなが、冷たい目やヘンな見方をしているとは限らないと思いますが。暖かく見守ってくれている人もいると思います。

世間の目なんていいかげんなものだから
そう、みんな明日は我が身ってこと考えられないんでしょうね。

nico | URL | 2012/10/22 (Mon) 19:41 [編集]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。