スプーンの森

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2011年は。




今年は三月の震災から、いろんな意味で
人の意識が変わり、私自身も我が身に置き換えて
何ができるかを考えた一年でした。

震災のとき、パパは東京単身赴任していて
千葉の市原のコンビナート火災の目の前にいました。
『今、地震あった。超揺れたよ』とメールもらって
何言ってんだよって、冗談だと思い、出先だったので
一応携帯のテレビ見たら、あの恐ろしい津波の映像が・・・

これ映画かなにか?と目を疑いました。
その夜は、帰宅難民になりかけながら
徒歩で帰ったと言います。

家族とか、友達とかごく当たり前にいて当然だと
日頃感じていたものがこの経験で
ぐぐっと近くに感じ、大切さを痛感しました。

人は、経験しないと本当にその立場の人の
辛く、悲しい思いは分かりません。
だけど、目には見えない寄り添う気持ちや
励ましなどは受け取る側にとっても暖かいものなんじゃないかな。
(勿論、物質的なものも生きていく上では大切ですが)
人と人とのつながり、大切にしたいですね。




ここからは私、個人のことですが・・・
息子の障害をいろんな人へ堂々をいえるようになった一年でした。
前は、隠れるように人と接するのが恐怖だったけどね。

『あなただからこの子が生まれたのよ』
って、ほんと何人もから言われたけど、
これは障害を持つ母へは決して言ってはいけない言葉だなと
私は個人的に感じています。
(冗談じゃねーよって言いそうになること多々あり)
もっと追い詰めるし、母として健康に産めなかった責任を感じます。
ああ、所詮他人事だからなって心では思いますが。

みんな必死にいろんなこと頑張って、
泣いて泣いて泣いて
もういっそこの子と死んでしまえ!と思いながら
歯を食いしばって生きてる。

子育てしてるお母さんは、みんな頑張ってます。
私は障害を持つ子の子育てがこんなに大変だとは
思っていませんでした。
特に今年はまだ4歳だけど、わーもうだめかもな
状況がほぼ毎日でした・・・
夜中泣かなかった日は多分、ないな

そんな私を主人の言葉が救ってくれました。

『俺はね、たとえ障害があったとしても○○が生まれてきて
 僕達の息子であることが嬉しいし、幸せだよ』

男の脳と女の脳は根本的に違うけど、
私よりこの人、愛があるわって感じます。
私は本当にイライラがピークに達すると
酸欠になるまで怒鳴りちらし、ヘトヘト。

沢山の友人や、先輩ママさんや
プロの先生方に支えられて今日があります。

今年はほんと心身共に疲れたけど、
内面的にはいろんな経験させてもらって
生きてるって実感した一年でした。


来年は、もう少し心に余裕が持てたらと思います。

ちょっと早いけど、今年はこれで終わります。


いつも私のこと、息子のこと
見守って助けてくださったみなさん、
本当にありがとうございます。
心から感謝しています。

どうぞよいお年をお迎えくださいませ。


今日もありがとうございます。

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

★nicoさま★

コメントありがとうございます。

年が越えてしまいすみません。
綺麗な年賀状もありがとうございました。

去年の震災は、本当に怖くて色んなことを
考えた一年でしたよね。。。
主人も今思い出すと怖いと言います。

いつ何が起きてもいい心構えをと
常日頃から思っています。

今年も綺麗な花の写真楽しみにしています。
どうぞ宜しくお願いします。

いつもありがとうございます。

スプーンママ | URL | 2012/01/02 (Mon) 13:36 [編集]


来年も宜しくお願いします。

市原のコンビーナートの爆発音うちの方でも良く聞こえたんですよ
黒煙もわずかですが見えていました。
今年は震災もあって日本中悲しい事ばかりでしたね。

来年もボクとママの笑顔いっぱいみたいです。

今年は本当にお世話になりました。
優しさをお頂いて嬉しかったです。

どうぞ良いお年をお迎えください。

nico | URL | 2011/12/31 (Sat) 17:08 [編集]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。