スプーンの森

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

幸せの太鼓を響かせて。

『幸せの太鼓を響かせて』
というタイトルの映画が、
熊本でも上映されるとのことで
明日、行って来ようと思います。

~幸せの太鼓を響かせて~


先日、同じ園のお母さんが会わせたいママさんがいると
食事に誘ってくれました。

障害を持つお子さんは小学校二年生。
就学までの道のりでご苦労されたこと
今、思うことなど惜しみなく
迷っている私に話してくださいました。

『障害があるから、これでいい』
って、諦めて可能性の芽を摘んでるのは
実は親かもしれない。。。と
色々考えさせられました。

療育を受ける中で、
先生方が息子のどういうことが得意で
どういうことが苦手かを
親の私よりも知ろうとしてくださる有難い環境。

私はいつも将来を考えると
一体この子に何を残すべきなのだろうか?と
不安で押しつぶされそうになり
でも、大切なのは『今』だと切り替えています。
今日の息子の笑顔を守ることが一番かな。

ある人が
『もう一人産みなさいよ、
 今度は健康な子が生まれるから』と
さらりと言われました。

健康でなかった息子と
産んだ私を全否定された気がして
なんだかとても自分が情けなくて
そういうこと言うあなたがかわいそうだわと
一人心で思ったのでした。

私はただ、こういう考えの人もいるのね
と、その人の思いを受け入れただけですが。。。
少なくとも逆の立場だったとしても
私はそういうことは言えなかったな。

言葉って怖いなと思った瞬間でした。


震災の後、人々が普通に暮らす
その普通ってなに?を考える人が
増えたんじゃないかと思うのです。

一日何もなかったことが奇跡で
なんと有難いことか・・・
『生かされてることに感謝』

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



また、映画の感想は後日。

追記ですが、8/1と8/2は
製作総指揮でもある細川佳代子さんが
挨拶されるそうですよ。。。


今日の夕陽も綺麗でした☆
729.jpg

今日もありがとうございます。

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。