スプーンの森

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

いつも心に太陽を。

私が、子育てする中でテーマにしてる
一つの言葉です。。。
(最近はずっと嵐~嵐~でしたが)


今日は、療育の心理担当の先生にも会って
今後の計画をちょっとだけお話してきました。
春から通う園とも連絡を取り合って
息子にベストな療育を目指しますと
親としてはとても有難いお言葉でした。

療育・・・
私が最初に療育センターへ行ったのは
もう一年以上前になります。
同じ未熟児出身のママさんや
障害をもつお子さんのママさんから
小児科や健診での
『様子をみましょう』は要注意だから
自分から療育に関わるといいよと。。。
アドバイスをもらってから

当時の私はまだ、遅れはあるものの
いつかどうにかなるのかな?
ウロウロするのはただ元気がいいから~的なまさに
様子をみるという名のなにもしない時期でした。

療育センターへ行きたいので紹介状をください
と、未熟児フォローでお世話になっていたドクターに
書いてもらって行ったのが始まりでした。



『おかあさん、よく来られましたね』
センターの方の第一声を今でも覚えています。
『は?どういうことですか?』の問いに
保育園(療育を勉強してる先生がいる)や、保健センターから
一度療育センターへ行かれてくださいと言われて
こられないお母さんが沢山いるのですよ。。。

うーん、私も一歩間違えばそうだったしな
という思いと、これから息子・私にどんな展開があるのか?
不安で一杯だった気がします。

それから、療育を受けながら
姉が言っていた『早期発見・早期療育』の意味がはっきり分かりました。
手遅れ・・・これだけは避けれたのかな?多分ね。
(先のことは分かりませんが)

毎回毎回、姉に会う度に就学まで何もしてなかった子と
療育を受けて来た子の差がどれだけ後々の成長に影響を及ぼすか・・・
あなたわかってんの??とよく怒られてましたもの。
てめ~うるせんだよーって言いたい位に言われてたもんね。
でも、教育現場にいるからこその現実を
沢山見てるからだったんだろうな~と今はちゃんと受け止めます。


そして今、私ができる限りのこと頑張ってます。
でも、以前とちょっとだけ変わったことは
全部を自分でどうにかしようとするのでなく
プロの指導を受けながら、病院・療育・家庭の三本柱が
同じ方向を向き、息子にとって最善の環境を提供することができるのが理想でした。

この春ようやくその形が確立できることになったのは
沢山の方の力を借りて、助けてもらったからです。
障害を受け入れ、この子にとって親として
何を残せるか?いつも主人と話をします。
『生きる力』を『自立への道』を残せるように
これからも頑張っていきたいと思った、そんな一日でした。

療育の先生と、義母(元保育師)が同じことを言ってました。
『療育とは保育の原点』だと。

先輩ママさん、同じ境遇のママさん
信頼できるドクター、療育の先生、
沢山の素晴らしいご縁を頂いて
本当に感謝しています。。。

いつも心に太陽を
家族を照らすおかあさんが私の理想です。

今日もありがとうございます。

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

★nicoさま★

コメントありがとうございます。

ほんとに人って人によって支えられていますよね。
暖かい言葉、うれしいですね♪

父の自衛官時代の同僚の方が、お参りにこられたとき
同じようなお話されたの思い出しました。
nicoさんの想いも、私の想いもきっと故人に
伝わってるのだと思います。

今でも、ふと思い出し泣くことがあります。
でも、泣くと不思議と心がふわっと軽くなって、
よし!がんばろうって思います。

まだまだ寒いです、お体ご自愛くださいね。
また、お電話差し上げますね。

スプーンママ | URL | 2011/02/13 (Sun) 18:09 [編集]


No title

★メグリンさま★

コメントありがとうございます。

私がまだ息子の障害を受け入れきれなかった頃、
メグリンさんはいつも『がんばってるね』と言ってくださいました。
あのときの言葉、きっと生涯心に残ります。
人の心を救う言葉ってあるんだなと思いました。感謝しています。
親のエゴ・・・ほんとそうだと思います。
きっとわが子の立場を最優先に考えられるお母さんが
増えれば、大きくなるまで放置されずに
不登校にも引きこもりもしなくてすむ子が沢山いるのかもと思います。

娘っこさんの言葉、いいですね~
神様から預かった大切な命ですものね。
決して自分の所有物だと思わず子育てしたいと思います。

心に太陽を・・・って以前通ってた幼児教室のCDです。
毎回、とっても心に響くメッセージばかりで♪
今度お逢いするまでにまとめて差し上げますね^^

スプーンママ | URL | 2011/02/13 (Sun) 18:04 [編集]


いつも心に太陽を

おはよう~

いつも明るく照らすお母さんの力は家族にとって大きいですね。
スプーンママさんを照らしてくれるご主人をはじめみんなの力は有り難いですね~
人間って一人じゃ生きられないですもんね。

わたし、一昨日主人の友達に
今は気を落としてもいいんだよ、でも絶対立ち上がってください。
◯◯は幸せだったよ、挨拶聞いていて俺は羨ましいと思ったって
電話の向こうとこっちで泣きながら話しました。
この気を・・でスーと力が抜けて楽になりました。
人の優しさで強くなれるんですね。
自分の話しでごめんなさい。

nico | URL | 2011/02/09 (Wed) 10:20 [編集]


No title

わが子のハンディを受け入れるまでのエピソードは、さまざまだと思います。一番の大きな壁は、親かな?子どものため、というよりは、親のエゴ、メンツが邪魔しているように思います(経験上…汗)。
だから、スプーンさんは、素敵なお母さんだと思います!!

わが家の次女(不思議チャン)が、雲の上の話をしてくれたことがあります。「顔も体もぜ~んぶ、神さまにお願いして作ってもらうとよ!あ、生まれる前は、みんなくっついてるよ。」
そう思うと、子どもがもっと愛おしくなるし、周りの方々とも手を取り合えるような気になってきます。

『いつも心に太陽を』素敵な言葉ですね。ありがとうございます。

メグリン | URL | 2011/02/08 (Tue) 06:28 [編集]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。