スプーンの森

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

親として。

本。


最近、読んでるうちの一冊です。
息子の療育も、来年からは本腰を入れて
就学までの大事な期間なので
自分なりに勉強しています。


でも、一番大事なのは
『息子の今日一日』だと思います。
私達夫婦の子育ての目標は
『自立して暮らせるチカラをつけてあげる』
逆算して、今何をすべきかをいつも話します。
どんなに忙しくても、時間をとってくれるパパに感謝。

子育て講演会にいって、どんなにいい話を聴いても
いいよ!って薦められた本を読んで終わりじゃダメなんだよね

実際、息子に起こっている今をきちんと見つめ
受け入れ、最善を尽くして環境を提供できる
そんなお母さんでありたいと・・・・

先日、以前近所に住んでいた保育師をされてるお姉さんに
小児科でばったり会いました。。。

息子のことを話すと、帰宅後メールがきていて
『一人でなんでも抱え込んだらだめだよ
 いつでも相談にのるから連絡ちょうだい』
と・・・・

お互い、息子の体調不良でゆっくり話せなかったけど
子供の障害をなかなか受け入れない親の話や
就学までの療育の大切さなど
保育の現場の生の声を聴くことができました。
学校での声は、身内に小学校、中学校教諭がいるため
それなりに聞かされてるけど、一番大事なのは幼少期だと
改めて痛感したところです。

息子の保育園に、こんな先生がいてくれたら
私もおたより帳恐怖症にならずに済んだのにね・・・
弱者の立場では、発言すらできないって辛いな、
みんな平等なんだけど、命って。
でも、沢山学ぶこともあったから私にも息子にも
この期間は必要だったのだと思います。

いっつもじいじが見守ってくれてる
私は、迷ったとき父ならきっとこう言ったな・・・と
自分の軸がだんだんぶれなく強くなった。

好きな人も
そうでない人も
みんな私を成長させてくれている

ありがとうございます。。。

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。